2008年10月17日

「ベバ」イジェギュ監督 "延長は肯定的に検討、しかし..."

作品性の為に延長反対論も、監督は1回延長の可能性仄めかして

高品格オーケストラドラマ、MBC「Beethoven Virus」 の延長放送に対する関心が熱い。現在、「Beethoven Virus」の延長を両手を挙げて歓迎する視聴者たちと、作品性の為に延長反対を叫ぶ視聴者たちで張り詰めたように対立している。

12日のヤンジュセット場。「Beethoven Virus」の延長に対する考えをイジェギュ監督に聞いた。今まで‘延長確定’という記事は放送社側の一方的な主張に過ぎない。延長放送に対して制作社(キムジョンハクプロダクション)側とイジェギュ監督が確答を下さなかったからだ。

「Beethoven Virus」の延長説に対する真実を聞いた。イジェギュ監督は「肯定的に検討しているが、確定されてはいない。」と言って話を始めた。

「制作社側では決定していません。俳優たちのスケジュールの問題もあり得て。俳優たちと合意されていない事項だから、延長が確定したとは言えません。」

引き続き、延長するようになれば、話が垂れるようになるのではないかと視聴者たちが気遣っているという話を伝えた。するとイジェギュ監督は、延長が可能な理由に対して明確に話した。

「延長しても無理はないようです。話より一回増えた状態です。 現在撮影分よりシナリオが一回先に進んでいます。企画された話を全部終えようとすれば17部作になるんです。 2回延長しても、実際には1回延長だから無理はないと思います。」

例えて説明すれば、ドラマ放映は8回分が出たが、シナリオは7回分までしか使わなかったということだ。イジェギュ監督は初演出作のMBC「茶母」の力強い延長要求にも延長放送をしなかった。作品の為には妥協しない人物としてよく知られている。イジェギュ監督が「2回延長に無理がない。」と言うことは ‘延長放送が可能だ’ということで解釈することが出来る。「Beethoven Virus」の延長確定を期待してみる。

一方、15日放送予定だった「Beethoven Virus」」11回は、サッカー中継の関係で16日夜 9時 55分から放送される予定だ。

クヘジョン記者 august1410@naver.com

[tvreport]2008年 10月 15日 (水) 09:12:59
posted by rika1999 at 21:26| ■MBC「Beethoven Virus」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。