2008年09月04日

【「Beethoven Virus」制作発表会】イジェギュ監督「‘Beethoven’は日本の'のだめ’と全然違う」

200809041747141001_1wwet.jpg
イジェギュ監督が「Beethoven Virus」と日本ドラマ「のだめカンタービレ」は全然違った作品だと強調した。

イジェギュPDは4日午後、京畿道城南の城南アートホールで開かれた MBCの新しい水木ドラマ「Beethoven Virus」で、「素材が音楽とオーケストラという点の為に、周りではとても心配している。」「私たちのドラマは‘のだめ’とは全然違った発露から始めるから、全然違った色を見せるだろう。」と明らかにした。「Beethoven Virus」は素材の為に「のだめカンタービレ」のリメイク作という噂が流れたりもした。

イ監督は「‘Beethoven Virus’は、‘生は私が望んだが、私は幸せが欲しかった’という点から始める。」「衣食住の他に自分の夢を見つけた人々が、他人の幸せの為に努力する姿を描いた。」と話した。引き続きイ監督は「私が以前にした‘茶母’‘ファッション70s’とは違い、大きい葛藤構造は無いので、皆が楽しみながら見られるだろう。」と明らかにした。

国内初、オーケストラを素材にしたMBC水木ドラマ「Beethoven Virus」は、この日の制作発表会1部で指揮者に扮したキムミョンミンと劇中バイオリニストのイジアら主演俳優たちの実演とプロジェクトオーケストラが公演を披露した。また、この日の制作発表会にはピアニストのイムドンヒョクがカメオで出演、大きい拍手を浴びた。

キムミョンミン、イジア、チャングンソク、パクチョルミン、イスンジェ、ソンオクスクら新旧演技派俳優たちが大挙布陣した「Beethoven Virus」は、10日スタートする。

ソボヒョン記者 zmsdodch@newsen.com 写真:チョンユジン記者

[NEWSEN]2008-09-04 17:51:52
posted by rika1999 at 18:13| ■MBC「Beethoven Virus」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。